旬の食材図鑑
キーワードで食材探し
各月の食材
8月の食材一覧
 ・無花果(いちじく)
 ・蜆(しじみ)
 ・鰻(うなぎ) 
 ・とうもろこし(とうもろこし)
 ・大蒜(にんにく)
 ・茄子(なすび)
 ・南瓜(かぼちゃ)
 ・モロヘイヤ
 ・鯵(あじ) 
 ・胡瓜(きゅうり)
 ・トマト(とまと)
 ・ズッキーニ(ずっきーに)
 ・ピーマン(ぴーまん) 
 ・鱸(すずき) 
 ・さば
 ・韮(にら)
無花果(いちじく)
いちじくを漢字で書くと『無花果』なので
花がないのかと思いきや、実はあの食べる
部分(つぶつぶ)こそが花だったのです。
外からは花が見えなかったので『無花果』
という字が当てられたんだとか!
旬の熟した“いちじく”はぜひ生でどうぞ。
ジャムやドライフルーツ、缶詰もおいしい!
3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
なんといっても、酵素がたっぷり!食後のデザートにおすすめです。
食後のデザートにぴったり、その理由は・・・?
いちじくには、脂肪分解酵素のリパーゼや、
でん粉分解酵素のアミラーゼなど さまざまな酵素が含まれています。
これらの酵素は、消化を促進したり腸の動きを整えるお手伝いをしたり
便通をうながす作用があるといわれています。
まさに食後にピッタリのフルーツなのです。
お肉と一緒に、召しあがれ♪
いちじくには、たんぱく質分解酵素のフィシンがあるため
お肉と一緒に食べると、胃腸の調子を整え消化を促進してくれます。
選び方のポイント
先端の開き具合で熟し加減が分かります。
開いていないものは未熟、開きすぎているものは熟し過ぎています。
その他、傷がなく、全体的にふっくらとしていて果皮に
ハリがあるかどうかもチェックしてくださいね!
保存方法
あまり日持ちはしませんので、熟したらなるべく早く
お召し上がりください。
熟すまでは、乾燥しないようにビニール袋に入れるなどして
冷蔵庫の野菜室で保存してください。
食べきれない場合は、ジャムなどに加工しても!
参考資料:オールフォト食材図鑑/五訂増補 食品成分表