旬の食材図鑑
キーワードで食材探し
各月の食材
5月の食材一覧
 ・大蒜(にんにく)
 ・鰹(かつお)
 ・筍(たけのこ) 
 ・絹さや(きぬさや)
 ・うど
 ・南瓜(かぼちゃ)
 ・そら豆(そらまめ)
 ・玉ねぎ(たまねぎ)
 ・たらの芽
 ・蕗(ふき)
 ・鰆(さわら)
 ・じゃがいも
 ・苺(いちご)
 ・アスパラガス
 ・韮(にら)
 ・ひじき
 ・いんげん豆<三度豆>
玉ねぎ(たまねぎ)
玉ねぎを切ると、涙がぽろぽろ出てきてしまう時って
ありますよね。
これは玉ねぎに含まれる『 アリシン 』という
刺激物質が気化して目を刺激するせい。
水につけながら切ると、水にアリシンが溶けて
気化しなくなり、刺激もありません。
やりにくい場合は、冷蔵庫で数時間冷やしてから
切るのもよいそうです。
今の時期こそ、玉ねぎ嫌いさんもどうぞお試しを! 
水分が多くてやわらかくって・・・・辛みの少ない新玉ねぎ。
3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
あの臭いに、こんな働きがあったとは〜!
独特の刺激臭には、こんな役割が!
あの独特な刺激臭が苦手な人も多いかもしれません。
あの臭いの正体は、硫化アリルや硫化プロピルというものでビタミンB1の吸収を
助ける働きがあるのです。
まだまだある、こんな働き!!
硫化アリルや硫化プロピルは他にも、強い殺菌作用や、消化酵素の分泌、
脂肪の分解を促進する作用があるといわれています。
体に嬉しい成分がいっぱいの玉ねぎ、旬の時期は辛みも少ないので、
ちょっと苦手・・・な方もぜひお試し下さい。
選び方のポイント
よく乾燥していて、皮が透きとおるような茶色のものを選んで。
身がしっかりしているものがベストです。
芽が出ると、鮮度も味も落ちてしまう可能性があるのでご注意下さい。
保存方法
冷暗所で常温保存してください。
風通しのよい場所で乾燥した状態を保ってください。湿気等にはご注意くださいね。
参考資料:オールフォト食材図鑑/五訂増補 食品成分表