関西スーパーマーケット
ホーム お問い合せ
IR情報
IRトップページ
ニュースリリース
決算情報
事業報告書
電子広告
株主の皆様へ
株主優待制度
株価情報
会社案内
経営理念
いつも、暮らしの近くにいます
生鮮3品と総菜は私たちのブランド品です
“とれたて”と“旬”のおいしさを毎日
おいしさに、確かな安心を添えて
価格も味わいもうれしいお総菜
ひとつひとつの売場に自信と誇りを持って
会社概要
グループ企業
求人情報
メッセージ
関西スーパーについて
先輩からのアドバイス
採用情報
よくある質問
パート・アルバイト情報
女性の活躍
次世代育成の支援
先輩からのアドバイス
アドバイス1
伊原 広晃 1996年入社 江坂店店長 

お客様はもちろん、お店で働く従業員全員が幸せを感じる
店舗づくりを目指し、日々邁進

入社8ヶ月でサブチーフに任命されました。
当時、現場での経験も知識もまだまだ未熟な自分がサブチーフを務められたのは、 店長や副店長から的確なアドバイスをもらったり、 様々な場面でフォローしてもらったおかげだと思っています。

その経験から、私自信も店長や副店長のような仕事ができる人になりたいという はっきりとした目標を持つことができました。
その目標を掲げ、自分に出来ることを精一杯やってきたことが結果に繋がり、 サブチーフから4年でチーフになりました。

ひとつの部門を任される立場となったこの時期が一番苦労しました。 自分がやりたいこと、やらなければいけないことが出来ず、 日々満足のいく結果を出すことが出来ませんでした。
その時も、上司からの助言に救われました。
そして、自分はひとりではないことに気付かせてくれました。
それからは積極的に部下と一緒に悩み、考え、話し合いました。
一人では出来ないこともみんなと力を合わせれば何でも出来ることを実感しました。

関西スーパーは、キャリアアップのカリキュラムが充実しているので、 ポジションごとに研修があり、 スキルアップが出来るシステムが整っています。
専門的な知識の習得は、自分自身の自信にも繋がると思います。
自分も研修によって様々なことを学び、ステップアップしてきました。
入社前はスーパーマーケットの仕事とは、 商品の手配、調理作業、補充等のルーティーンワークが主であるとイメージしていましたが、 実際は、本社には様々な関係部署があり、 店舗においても教育や数値分析、効率の追求、地域への貢献等、 ただ商品を販売するだけではなく、「人」「物」「金」とあらゆる状況に携われるやりがいのある職場だとわかりました。

その後、副店長、本社商品グループを経て、 競合店がひしめき合う豊中南店の店長になりました。 店長としてはまだまだ新米ですが、70名以上の従業員と一丸となって、 地域のお客様に愛されることはもちろん、 従業員全員がやりがいを持って、いきいきと働ける店舗づくりを目指して、これからも現状に満足することなく成長していきたいと思っています。

従業員を育て、お店を管理・運営する店長というポジションに立ち、 責任を感じながらも、今を楽しんでいる。
アドバイス2
田中 陽子 2012年入社

アイデアと愛に溢れたパンで
たくさんの人を健やかな笑顔にしたい。

学生時代に百貨店の鮮魚売り場でアルバイトをした時に対面販売の楽しさを覚え、 「就職するなら流通関係がいいな」と考えるようになったことが関西スーパーに入社するきっかけとなりました。

流通関係の会社の中で、関西スーパーを選んだ理由は、 性別に関係なく、仕事を任せてもらえ、 どの部門の担当にもなれるという点でした。
そして、関西スーパーが食育活動に大きく貢献しているという点も 管理栄養士の資格を持つ私にとって、大きな魅力の一つになりました。

ただ、流通業界には、重い物を運んだり力仕事が必要だというイメージがあり正直不安もあったのですが、今は省力器具も充実していて、 女性でも安全・快適に仕事が出来るシステムがあることを知り、 その不安は解消されました。

関西スーパーは、女性の視点も凄く尊重してくれ、 また新人の意見にも熱心に耳を傾けてくれる、 新たな改革が出来る土壌の大きな企業だと実感しています。

また、休日がしっかり取れるので、 オン、オフともに充実した生活ができるし、 産休や育児・介護の制度も整備されているので女性にとってはとても働きやすく、 制度を活かして、仕事を続けている女性の先輩が たくさんいることも、とても頼もしく思っています。

今は、焼きたてのパンを提供する当社直営のインストアベーカリー「ブレッチェン」でシステムの構築や新製品の開発等を担当しています。

パンは個人的にも大好きで、 学生時代からパン教室に通っていたほどですが、 コスト計算や味付け、焼く数の多さなど当然ながら、仕事になると趣味のパン作りとは異なる点も多く、 戸惑うことや失敗もあったりします。

まだ暗中模索中ですが、自分のアイデアで出来たパンも いくつか商品化していて、 お客様から美味しいといって頂けることが今は最大の喜びです。

「食」は、人の健康や楽しみ、人生を大きく左右する重要なものであると考えています。

調理、発注や売り場作り、お客様との会話までの一連の流れの中でお客様やそのご家族が今日何を食べるのか、 どのように食べるのかが決まるのはとても面白いと思っています。

そして、お客様とそのご家族を「食」で支える立場として大きな責任を感じています。

関西スーパーではまだインストアベーカリーが少ないですが、 これから拡大していく事業として、力を入れています。 私もその一翼を担っているので、 関西スーパーのパンが、どこの店より美味しいといって頂けるように、 これからも全力で邁進していきたいです。

社会人で一番大切なことはコミュニケーションと時間の使い方。 いい上司に恵まれ、休日もしっかり楽しむ。 オン、オフともに充実した日々を送っている。